アンカー工

自穿孔式ロックボルトアンカーの場合は、原則としてレッグハンマを使用します。他穿孔式アンカーも可能です。

削孔し、アンカー鋼材を挿入後、グラウトを注入します。

確認試験工・支柱設置工

養生を終えた後、所定の耐力を有するか確認します。

ベースプレートを設置後、支柱本体を差し込み固定します。

山側・サイドロープ取付工・緩衝装置取付工

支柱頭部と山側・サイドアンカー間に、ワイヤロープを取付けます。

支柱間に繋がれた上部/下部ロープの中央に緩衝装置を取付けます。

ネット取付工・完成

結合コイルを用いて上部/下部ロープに金網を取付けます。その後、支柱に縦ロープ及び緩衝装置を取付けます。