平成29年12月改訂の『落石対策便覧』(公益社団法人日本道路協会)に準拠していますか?
落石対策便覧に記載されている実験条件やスパン中央部(端末、中間スパン)の実験確認や、動的解析等による評価など、落石対策便覧に記載された要件に準拠しております。
端末スパンも落石捕捉計画範囲に含めても問題ありませんか?
実物大実証実験により安全性を確認しているため問題ありません。
設計・施工要領書、施工実績一覧などの用意はありますか?
準備しております。各種資料のご依頼がありましたらお問い合わせください。
アンカーはどの様に施工するのですか?(ロックバリア)
人力施工又は軽量ボーリングマシンにより削孔して施工します。 削孔機械が軽量ですので、山間部での施工も容易にすることができます。
支柱はどのように施工しますか?(ライトバリア)
擁壁上の建込みや、直接基礎で軽量削孔機により削孔した孔へ建て込みます。支柱や削孔機械が軽量ですので、山間部でも容易に施工することができます。
既設擁壁上にも設置できますか?(ライトバリア)
支柱をアンカーボルトで固定するベースプレート式のタイプを選択することも可能です。
現地で設置可能な最低延長は何mですか?
ロックバリア 実物実験を行った供試体最低延長である15mになります。
ライトバリア 実物実験を行った供試体最低延長である9mになります。
地形の関係で柵下部に隙間が生じた場合、どのように対応するのですか?(ロックバリア)
支柱間隔を調整し、金網で落石エネルギーに対応できる隙間,概ね0.3m以内となるよう配置計画を行います。これを超えるものについては整地を行い蛇籠等により隙間の処理を行います。
設置勾配や平面折れ角はどのくらい対応可能ですか?(ロックバリア)
設置縦断勾配、平面折れ角は±30°以内を許容しております。

お気軽にお問い合わせください。03-3556-0466

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。