「平成29年12月発行 落石対策便覧」対応製品 NETIS登録番号 KT-150044-A

軽量部材によるシンプルな構造、

優れたコストパフォーマンスを発揮するアンカー式落石防護柵です。

製品概要 

ロックバリアは、最大500kJクラスの落石を捕捉できる、軽量でシンプルな部材を用いた高エネルギー吸収型落石防護柵です。シンプルな阻止面は、金網の持つ機能を最大限に発揮できるように設計されており、施工性、経済性が大きく向上しました。

タイプ対応エネルギー
RBーS100~103kJ
RB150~160kJ
RB300~302kJ
RB500~503kJ

ロックバリア(RBシリーズ)の特長

■最大500kJクラスの落石エネルギーに対応可能

500kJクラスまでの落石エネルギーに対応した最適なタイプを選ぶことができます。

軽量で設置が容易な部品構成

アンカーは自穿工式が可能で大掛かりな設備を必要としないため、条件の悪い現場でもスムーズに施工が可能です。

優れたメンテナンス性

支柱本体と支柱基礎部のベースプレートは分離が可能であるため、メンテナンスに伴う交換作業を容易に行うことができます。

構造

■ロックバリア 概略図

維持管理

各スパンが独立した構造であり、損傷箇所のみの補修などが可能であるため、メンテナンスが容易です。

実験

「平成29年12月発行 落石対策便覧」では落石防護施設の性能照査の検証法の一つとして「実験による性能検証法」 が示されました。ロックバリア(RBシリーズ)は「平成29年12月発行 落石対策便覧」に記載の「実験による性能検証法」に準拠した 落石捕捉性能の確認、及び実験結果の実設計への反映を目的とし、実物の供試体に対し自由落下による重錘衝突実験を実施しました。

■実験設備

■実験動画

解析

実験結果を元に、非線形構造解析ソフトLS-DYNA(LSTC社製)を用いて解析モデルを作成、落石対策便覧に示される基準に準拠し、実施した性能確認実験結果を再現する数値解析を行いました。また、実験を実施していない柵高や、スパン間隔を変更した形状の数値解析を実施し、落石捕捉性能の確認を行うことも可能です。

カタログ

ロックバリア(RBシリーズ)のカタログはこちらからダウンロードできます。